真夜中の楽団


<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧



小鳥遊考察2

では、前回の続きを。
現時点で小鳥遊の設定で問題があるのは以下三点。

1.嘘を付かない
2.幽霊が苦手
3.恋愛話や色事は苦手

1.「嘘を付かない」
この設定を付けた後で困った点は、返答に窮した際に強がって逃げるというパターンが使えなくなった事・・・
お陰で酒場での問いかけに対して切り返せない事が多くなった気がする(´ω`;)
いっその事、自分の為の嘘は有りにするか否か・・・
妥協できそうもない小鳥遊の性格が恨めしい。
考察結果:未解決
原因:小鳥遊のせい

2.「幽霊が苦手」
うーん、これの問題点は亡霊関係の依頼に参加できなくなる、という点で深刻でしたが・・・
よく考えたら小鳥遊の性格上、その亡霊が人に害するモノであった場合、恐怖心より「何とかしなければ!」という責任感が勝ると思うんですよね。
小鳥遊お馬鹿ですからね・・・一つの事しか目に入らない猪突猛進タイプ。
でもまぁ、それで小鳥遊は動かし易いんだろうなぁ・・・
私がお馬鹿なので、サイーラのような頭で戦うタイプのPCは使いたいけど使いこなせないw
考察結果:何となく解決

3.「恋愛話や色事は苦手」
小鳥遊が恋愛する上で足枷になっている設定。
背後として、一番何とかしてあげたい問題。
小鳥遊は精神面が脆いので、結構悩んだり凹んだり取り乱したりします。
そういう時の気持ちを思い切り曝け出せる相手はやっぱり恋人だと思うんですよね・・・
親友も有りなのですが、そこを邪魔するのが小鳥遊の武士としての妙なプライド。
現在の小鳥遊の友人でシミュレートした場合、例えば小鳥遊が猫可愛がりしている鐶ちゃんに対してだと「鐶に情けないところを見せれるものか!」となるわけです、間違いなく。
小鳥遊が先生のように見ている伊勢さんとか、そのお相手の志摩さん辺りだと比較的相談しやすそうなのですが、やはりどこかで遠慮して全てを曝け出す事はできないでしょう・・・
自分のPCながらなんて面倒くさいやつだ(´Д`;)
ぁ、お蕎麦届いた長くなりそうなので、続きはまたの機会に!
考察結果:果てしなく未解決
原因:年越し蕎麦
[PR]
by uruha_k | 2007-12-31 22:35 | その他


大ホールの罠/小鳥遊考察

いや、罠っていうか自業自得というか・・・
チャットだとついノリでポンポン話しちゃうわけで・・・
ぶっちゃけ、たまに設定忘れる!

二人称が「おまえ」だったり「貴様」だったり、統一しろよ私!
そして、昨日は話の流れで小鳥遊が信人さんから幽霊(騙り)を預かってしまったわけですが。
小鳥遊・・・あんた何時から幽霊怖いになったのさ!
これから亡霊関係の依頼とかどうするんだよぉ;

こういう困った事態になるのは先述のとおり、ノリで話して設定を忘れる私にあるわけですが!
そもそもバックボーンとなる設定が薄っぺらいからこうなるのでは・・・
というわけで、少し小鳥遊について考えてみようと思いました。



とりあえず公式設定と酒場・依頼などで付けてしまった設定を思い出してみます。

[公式設定]
1.お堅いタイプで、口数が非常に少ない
2.赤面症である
3.恋愛話や色事は苦手
4.西洋人とのハーフである

[後付設定]
a.嘘を付かない
b.可愛い物・甘味に目がない
c.幽霊が苦手
d.士道を重んじる

うーん、後付設定は忘れてるだけでまだまだありそうで怖い・・・・
まぁ、一つずつ考察してみましょう。

・設定1
『口数が少ない』
はい、アウト。小鳥遊思いっきり話しまくりですね・・・
でもこれ守ってると何もできないので、とりあえずスルー。
『お堅い』の部分が重要という事で・・・

・設定2
これは『赤面症=動揺しがち』って事で個人的にOK。(精神面の脆さを表したかった)

・設定3
設定1と2に起因、この設定が小鳥遊恋愛の足枷になっているのは間違いない。
この設定のお陰で純潔の花が手放せない・・・

・設定4
ぁ、そういえばハーフだっけ・・・
それでジャパン語初級Lvだったのかな。
現状一番活かされてない空気設定。

・設定a
体裁を取り繕う為によく嘘を付いていたけど、小鳥遊のお堅い性格的に嘘を付くのはアリなのか?と付けられた設定。

・設定b
バックパックに常にぬいぐるみを隠し持ったり、下着が桃色褌だったり、律儀に守られている。
何処かに隙が無いとキャラとしてつまらないと付けられた設定だが・・・
気付けば隙だらけ。

・設定c
現在私を一番悩ませている設定。
物の怪と幽霊は別という事で致命傷は免れたけど、近いうちに何とかしなくてはいけない。
うん、流れって怖いね・・・

・設定d
設定1を強調する為の派生という事で、設定aが付く原因になった。
この設定によりバックアタックが防御専用スキルに成り下がっていたが、説明文の「背後や『死角』への格闘行動」に気付き、縛りが緩和された。(背後からのみ攻撃不可という事で)
スキル名に勝手に騙された(´ω`;)

よし、明日は上記の設定の問題点と対策を書いてみよう。
・・・・憶えてたら。



[コメントレス]
>あーさん
こっそり再開したと思ったのに、速攻でばれるとはΣ(´ω`;)
いや、見捨てずにいてくれて、ありがとうございますorz
ちまちまと暇をみて書いていこうと思いますっ
[PR]
by uruha_k | 2007-12-31 01:45 | その他


パンドラの箱

を開けてしまった気分・・・(最後に希望が出てこない辺りホント絶望的)
暇になって初めてこのblogの存在を思い出した、まさにダメ人間な私(´Д`;)
(AFOは続けているんですけどね・・・)
このまま見なかった事にしたいけど、思い出したからには細々と再開しようかなと・・・
いや、正直リンクして頂いたり、コメ頂いた方々の事考えると逃げてしまいたいっ

と、とりあえず半年振りの再開で何を書いてよいやらって感じなので小鳥遊とサイーラの成長過程と近況から。


『小鳥遊』
一時期大会に出まくって急成長Lv10に。
バックアタック取得、性格的に対人では死角防御のみ使用。
天分を直感に振り回避上げ開始、でもデッドorライブ欲しい・・・BSP20(´ω`;)
一般スキルは武士万能一直線、最近先に優良視力達人まで頑張ればよかったと後悔。
Lv6~10依頼にほとんど参加せずLv11になるのは拙いと思いLvUPを機に大会ストップ。

先週末辺りから大分時間に余裕ができたので、夜になると大ホールにお邪魔しているのですが・・・
背後の影響を受けて、小鳥遊甘味ダイスキーになっております。
まぁ、以前から酒場でその片鱗は覗いていたのですがw
皆からの「太るよ」発言は小鳥遊を通して私にクリティカルだったぜ・・・
あと、信人さんカップルを見てて思った!
そろそろ小鳥遊にも支えてくれる相手が欲しー!
同性ばかりにモテる(?)小鳥遊憐れ・・・
まぁ、小鳥遊の性格上、恋愛できるかどうか疑問だけど。
2PC使えば問題解決なんだけど、私の演技力じゃそれは無謀過ぎるっ
新PC投入する余裕も無い!
でも、このまま流されて百合に走ったらヤダなぁ;
やっぱ郭之丞なんて男っぽい名前が拙かったか・・・(`ω´;)


『サイーラ』
Lv上がりそうだったので7月に3回程大会に出場した模様。
Lv7になり、コンフュージョン取得。
天分を知力に振り魔法専門Lv4、知力関係の一般スキルが初級Lv6→Lv8。
SP振りで話術・ナンパが達人に。

でも半年前から依頼参加せず(´Д`;)
シリーズの続編待ちだったのですが、一向に続きが配信されず気付けば放置プレイに・・・
小鳥遊より一般スキルのバリエーションが豊富でいろいろできそうなのに、何故か使い難い印象のサイーラ。
やはり魔法の偏りが問題な気がする(´ω`;)
ムーンアローとか取得すれば入れる依頼が増えそうなものの・・・・
何故にコンフュージョン取った、私!?
キャラクター的には正しいかもだけど、これホント何に使うつもりだったんだろう?
テレパシー・イリュージョン・チャーム、そしてコンフュージョン・・・もう自分がわからない。

うーん、個人的にはサイーラ好きだから使いたいけど、役に立てそうな依頼はあるのだろうか・・・(そんなの背後の能力次第だって声が聞こえてくる)

最後に前々回(?)のどさピンに参加させて頂いた絵のお披露目を。
f0137258_12345190.jpg

小鈴ちゃん可愛いー♥
そしてやっぱり甘味スキー。
[PR]
by uruha_k | 2007-12-28 12:49 | その他

    

ここに掲載してあるOMC作品は(株)テラネッツが運営するオーダーメイドCOMにて製作した物です。イラストの使用権は作品を発注した麗葉に、著作権は作成した絵師様、全ての権利はテラネッツが所有します。
by uruha_k
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
リンク
オーダーメイドCOM
Asura Fantasy Online
Catch the Sky 地球SOS

もったり部屋
↑黒猫さんのブログ。
桐箪笥
↑桐さんのブログ。
龍と男子高校とWTRPGな日々
↑玖堂由陀さんのブログ。
神聖暦剣客栗譚(しんせいれきけんかくまろんたん)
↑秋霧さんのブログ。
近場に見参!!
↑ニャ太郎さんのブログ。
こちかぜ
↑東風(こち)さんのブログ。
日向で雪遊び
↑ユキギリさんのブログ。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧